×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「な、しりとりしねぇ?」
「遠慮しとくわ」

そう言いつつも、律儀に語尾を取って返した私にカイが笑う。

「分かりやすい応戦、ありがたいね」
「ねぇ、アンタヒマなの?仕事は?」
「はぁ?俺を誰だと思ってんの?わざわざデートを断って、忙しい中時間割いて来てるんだぜ?」
「全然そんな風に見えないくらいヒマそうよ。ていうか帰れ」
「……0コンマ1秒で返すよな、お前。何か思い出すわ」
「私から?何?」




スキキスー



「似てるんだよなぁ、お前。俺の昔の彼女にさ」
「最悪」
「……クレア、そんな激しく斬らなくても」
「もうアンタ、見るからに女の趣味悪そうだもん。全然嬉しくないわよ」
「良く言うよ。お前が好きな時点で趣味は悪くないって」
「ていうか、もう一回言ってもいいかな?」
「何だ?」
「だから今すぐ帰ってくんない?」
「イヤだよーん」
「ハイ負け!帰れマジで!!」

目を合わせないまましっしと手を振る。あ、と能天気そうな顔をした夏男が固まるのが視界の端に見えた。
短いしりとり会話が終了する。思ったより短くて良かった。初めてこいつがバカで良かったと思った。

タンマ!と死語(?)を叫びながら待ったをかける彼に、漸く顔を上げて視線を合わせる。
この忙しいのに、このバカは。
そもそも語尾に「よん」をつける時点で死語か。あほだ。

「アンタの希望通り遊んでやったんだから、もういいでしょ」
「だって、こんなに早く終わるとは思わなかったし」
「そりゃあ片方アホならとっとと終わるわよ。つーかでなけりゃ受けないわよ」
「何?!計算?!計算だったわけ??」
「アンタこそ」
「へ?」
「アンタこそ、どうせしょうもない計算入れて持ちかけてきたんでしょ。何企んでたの?」

普段から食えない女、だの、思い通りにならない女、だの、この男には散々な言われっぷりだ。
だが、平静を装っているだけで、本当は私の方が彼の突飛な行動に振り回されている。
回りくどいことをしたかと思えば、流した矢先にストレートな言葉を吐いたり。
冗談なのか本気かも分からない。俺は百戦錬磨だと威張ったかと思えば、お前が始めて好きになった女だ笑う。

勘弁して欲しい。

「……お前、しねぇの?」
「あん?」
「嫉妬、とか」
「いや、意味が分からないから」

平静を装え。
これ以上このバカに振り回されるな。
日頃の鍛錬もあって、その暗示は見事によく効いた。

「元カノに似てるとか言われてさ、何かこう、グッと来ないわけ?!」
「グッとは来ないわね、さすがに。つうか嫉妬させたかったわけ?」
「そんで、お前が動揺して、そこら辺で語尾に『す』が出たときにすかさず『好きです!』って言えばお前も落t……」
「落ちねぇよ」

彼の言葉にかぶせるように、呆れながら言う。
途端にしゅんとなる彼を見て盛大な溜息が思わず漏れた。
ああ、私って奴は、何で毎回こんな奴に振り回されてるんだろう?

「あの、さぁ」
「何だよ?」
「そんな回りくどい会話から入らずに、最初っから真っ直ぐいいなさいよ。鬱陶しい」

これは、多分彼を喜ばせるだろう言葉。
結局それを吐いてしまう自分が本当に悔しい。
案の定、カイの顔がぱっと明るくなり、私はその言動を早くも後悔して。


「好きです」


青空に響く大声で、カイが叫んだ。
私は突然のことに、いつものように『0コンマ1秒』で返すことは不可能で。
それでも彼は、そんな私に構わずに、空に向かって叫び続ける。


「好きです。好きです。すげぇ好きです。好きで好きで堪らないんです。好きです」


――好きなんです。


最後に言った好きの言葉が弱かったのは。
こちらを向いた視線が珍しく揺らいでいるのは。

彼の気持ちが嘘だからではなく、きっと返事を本当に恐れているから。
ねぇ、勝手にそう信じてもいいよね?

彼の顔が、視線が、全てがそれでもその言葉を返せと言っている。
とっくに負けたしりとりを、まだやれと言っている。
本当に、どうしようもない男。

けれど、それに惹かれたのは私自身だ。


「すきです」


遊びの再開。
そう、自分に言い訳して口を開く。たった一言に、どうしてこんなにも自分を誤魔化すのだろう。
けれどどうしても彼には同じ言い訳が出来なくて、そのまま背中を向けた。
数秒後、彼の重さが突然かかり、一緒に崩れてしまう。

「ちょ、急に飛び掛かんないでよバカ!」
「いやー、だって嬉しいもん」

二人してへたりこんだ状態で、彼の腕が私の首に回っている。
その腕をそっと触り、暖かい感触に何故か口元が緩んだ。
背中に感じる彼の心臓が意外と早くて、更に笑う。

「そうだ。さっきの話だけど」
「ん?」
「昔の彼女ってどんな人?」
「え?」
「あと、誰からデート誘われてんの?」
「あ、イヤ……」

過去なんかどうでもいい。そんな綺麗事はもう言わない。
全力で行かないと、この男は絶対手に負えないから。

背後から抱きつかれた格好のまま、私は顔だけを彼に向ける。
それはネタです嘘です、と弁解する慌てた顔を見て、思い切りニコリと笑った。
出会った頃から、彼が好きだと言っていた表情。案の定、彼の動きが一瞬止まる。
私はわざと隙を作るために、ゆっくりと目を閉じた。

それくらいの計算は、したっていいでしょう?

カイが少しの後、その計算に応じる。
私のずるい胸中を知ってか知らずか。


まぁ、この時間があるなら、どっちだっていい。




お題【しりとり】


実はキスシーンが一番苦手です。何かもう、恥ずかしすぎて自分がいたたまれなくなって(笑) タイトルはドリカムから。
なのでブログ掲載時はバッサリ削ったキス描写もどきですが、改稿にあたりやっぱ必要だと思って結構書き足しました。
ちょっとグレクレっぽいなと思いつつも、甘々(※管理人の精一杯)書けて満足でした!
あー、変な汗かいた。暑苦しい二人で申し訳なかです。